2006年 12月 19日 ( 1 )

♪マロンくん、注射と登録

マロンママさんからのメール、2通ご紹介します。
**********************************************************
(12月9日)
パルプリ母さま、こんにちは。
今日は、雨がシトシトと降って一段と寒いですねぇ(ブルブル)今朝は、雨のせいもあってか、一段とブルブルと震えてお散歩に行きたがらず、家の前の道路を50mほど往復しただけで、家に一目散に走って帰りました。(--;)ほんとに犬なのかしら?? (中略)

さてさて、今日は狂犬病の注射に行ってきました。初対面で先生にガツンと脅されたマロンは、終始おとなしく?と言うより、硬直状態で、されるがままにブスッッとされました(笑)体重は10.4㌔。ゲゲッ、また増えてる。。。(笑)
マロンは病院の待合室でも他のワンコ・ニャンコさん&飼い主さんにしっぽフリフリで愛想を振りまき、車酔いもせず、又、車内で待つ時も静かに自分のキャリーボックス(?)の中で待っているので大変助かります。

そう言えば、水曜日に少し嬉しいことがありました。
主人がお休みだったので車で20分~30分ほどの大型ホームセンターにマロンを連れて行きました。そこは、ペット専用のカートがあるのでマロンも一緒に店内に。買い物をしていると、前方にマロンに良く似たワンコさんが見えました。向こうの方(ご夫婦)も「あっ!」という感じでこちらに近づいてきて、少しお話をしました。
お互い「雑種ですよね?毛並みとかマロ眉が似てますねぇ」と声を揃えて言ってしまいました(笑)
お話をしていると、そのワンコちゃんは女の子で現在1歳半くらい。そのご夫婦(多分私と同じくらいの年齢)もそのワンコちゃんを半年ほど前に埼玉のある動物保護団体から譲り受けたそうです。放棄されていた茨城の山林から保護されたきたそうです。
保護当初は多分1歳前後くらいで、ガリガリに痩せていて病気もあったそうですが、お会いした時はとても元気でとても人懐っこく、私達にもしっぽを振ってご挨拶してくれました。マロンとも互いにしっぽをブンブン振って鼻をくっつけてました。
保護されるまで、きっと想像もつかない辛い目にたくさんあってきただろうに、今はとてもやさしそうな目をしていて、落ち着きもあり、人慣れも問題なく、きっと飼い主ご夫婦からたくさんの愛情を注がれて過ごしているんだなぁと感じました。
改めて、ワンコさんが良い子なるのも悪い子になるのも飼い主次第なんだぁと思いました。私達もマロンの経緯を話し、お互い「良かったねぇ、いいところに貰われて。絶対幸せになるのよぉ~」と声をかけてお別れしました。

このごろはお散歩やお出掛けしても、様々な犬種のワンコさんには会いますが、雑種ワンコさんにはあまり会わないので、そのワンコさんとの出会いは、不幸な犬猫の事を知り、見て、考えている人はちゃんといるんだと嬉しくなりました。以外と知らない人、結構私の周りにいます。我が家はまだまだパール家のように一時預かりをする余裕はありませんが、せめて現状をみんなに伝えていく事くらいは出来るので、なるべくたくさんの方に現状をお伝えして知ってもらおうと思います。

鑑札番号もらいましたら、またご連絡いたします。
それでは、今日はこのへんで。    マロンママ


(12月12日)
パルプリ母さま、こんばんは。
今日は雨で、また一段と寒くなりましたねぇ。(@△@;)
マロン坊ちゃま、雨と寒さでお散歩も家の周り一周ほどで「もうイヤッ!!」とばかりに家まで猛ダッシュで走って戻りました。

さてさて、ご連絡が遅くなりましたが、昨日市役所にてマロンの登録をしてまいりました。(中略)これで晴れてマロンも正式に「B・マロン」になりました。早速玄関に貼った「犬」のシールを見て、なんだか嬉しくなってしまいましたv(^0^)v (略)

それでは、また。マロンママ 

**********************************************************
[PR]
by parunao | 2006-12-19 14:48 | マロン(アッシュ)